2008年 07月 17日

2008年 07月 17日

基礎天端と土台の間に挟むのが基礎パッキン。
写真を見ての通り、当社ではロング型を使用しているので、
鼠の外部からの侵入を完全に阻止できる。


材質は炭酸カルシウムの複合材で、厚さが20ミリで幅が100ミリ。
この基礎パッキン工法のメリットは、
1.コンクリートから土台への湿気を絶縁してくれるので、シロアリが寄り付かない。
2.従来のやり方(基礎に換気口を設ける)と比べると、ヒビが入りにくいため頑丈である。
3.基礎の全周から風が入るため、床下が常に乾いている。よって、家の耐久性が高まる。
4.基礎パッキンメーカーの「シロアリ10年保証」が付いている。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>