ブログ

屋根まで上がった「マリブ」

予定通り、建て方を終えた「マリブ」。

ウッドデッキとバルコニー部分のパネル組みも終わり、

マリブらしい外観が見えてきた。

今日からは外部の金物取付に入り、

後は検査機関の構造体検査を待つばかり。

基礎上1m部分の防蟻消毒も完了し、

色が変色しているのが分かる。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

大きな吹抜けが魅力・・・シアトル視察記③

モデルハウスの中に入ってすぐ圧倒されたのが、

リビング上の大きな吹抜け。

モールディングが施された白い壁と白い手摺り子が

見事にマッチングしていて、

モダンスタイルのアメリカンタイプと言ったところだ。

階段の踏み板とまっすぐ伸びた手摺りを

ナチュラルブラウンにして、

白と対照的にコーディネートしている点が実にお洒落で、

若い購買層にも指示さるように配慮されている。

2階フロアに上がれば、

吹抜けを囲うように回廊が配置され、

ファミリースペースや各部屋に通じている。

ドアや開口の周りには白いモールディングを回し、

壁のアクセントとしても上手く活用されている。

輸入住宅のゴージャスさを魅せるには、

大きな吹抜けは、

切っても切れないアイテムと言っていいと思う。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

 

 

Leave a comment

マリブの建て方①

寒空の下、ゼロキューブ・マリブの建て方に入った。

当社では、もともと輸入住宅で2×4工法を採用しているため、

箱形のゼロキューブは至って簡単な部類にあたる。

オリジナルの輸入住宅と比べても工期が約1ヶ月短い。

大工さん達も捗ると見えて、表情には余裕があった。

何も無ければ、明日には屋根が上がる。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

シアトル視察記②

昨日に続き、シアトル・レポートです。

分譲地内にあるモデルハウスをご紹介したいと思う。

その1回目は外観デザインについてです。

主たる外壁部分はダークブラウンのラップサイディングで仕上げ、

妻部分の白い三角部分でうまくアクセントを取っている。

そうすることで全体の印象が柔らかく見えて、なかなか好印象だ。

更に、妻部分には三角ブラケットを均等に配置して、

豪華さもアピールしている。

窓周りには白いモールディングが品良く飾られており、

一個だけ取り付けられた飾り雨戸も効いている。

ぶっとい柱のカバードポーチはゲストを迎える玄関も

兼ねているが、残念ながら、玄関ドアは影になって

隠れているので、ここではご紹介できない。

次回は、室内の様子をスポットでご紹介してみたい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

シアトル視察記①

何日ぶりかのブログとなりました。

実は、21日~27日の1週間、アメリカ・シアトルに行って来ました。

もちろん仕事でと言うことにはなるんですが、

輸入建材商社H社のMさんに同行していただくことで実現した企画で、

現地スタッフの方にも全面的にご協力いただき、モデルハウスの見学や

住宅地の見学、建材工場の視察など、私にとっては有意義な1週間と

なりました。

時差が17時間もあり、到着後2日間は時差ボケで体調を壊しながらも、

予定通りのスケジュールをこなすことができました。

まずは、

二日目に行った住宅分譲地のレポートです。

最初に行ったのが、シアトルでは比較的安い建売住宅地。

それでも、土地建物の合計金額が5,000万円前後と、

日本ではハイグレードに当たる。

道路幅が広く、電線も無く、整然とした街並みが印象的で、

建物はラップサイディングとシングル屋根の典型的なアメリカンスタイル。

窓周りのモールディングや煙突等、外観の見た目も重視されている。

それぞれの建物は、外観がアメリカンデザインで統一されているため、

住宅地としての価値観を一層高めているようにも見えた。

ここの分譲地はアメリカの大手ディペロッパーが手掛けているらしく、

建て売り方式か売り建て方式の何れかによる土地建物一体型の

分譲形式との事。

アメリカでは「注文住宅」という概念の家づくりはほとんど無いらしく、

土地と規格プランの組み合わせによる販売スタイルが主流を占める

と聞いた。

だから、日本で言う「Sハウス」とか「Mホーム」のような、ハウスメーカーと

言う概念は存在しないのだそうだ。

上の写真は、着いた日の夜に撮ったシアトル・ダウンタウンの夜景。

参考までに、シアトル市の人口は約68万人。

日本で言う、地方中核都市並みです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

 

 

 

Leave a comment

マリブの基礎工事

ゼロキューブ・マリブの方は基礎工事がほぼ完了し、

いよいよ来週からは建て方に入って行く。

心配なのが、天気だけ。

多少の雪だったら問題ないが、

吹雪だけは危険を伴うので工事はできない。

日頃の行いが決して悪い方ではないので、

神様はきっと味方してくれるに違いない。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

手作り感一杯のジェリーホーム

弊社がこだわる家づくりの特徴の一つとして、

「手作り感」をふんだんに見せ場にしている点がある。

外壁の塗り壁やタイル貼りキッチン、タイル貼りの洗面台、

・・・等々、見ていると、何となく暖かさが伝わると言うか、

手が込んでいる故のオンリーワンの満足感みたいな物が

あって、お客様には大変受けている。

先週引渡しを終えたプロヴァンスの家にも、

そんなこだわりが一杯詰め込んである。

どうしても一つだけご紹介させていただきたいのが、

手作りのリビングドア。

無垢のヒバ材で作ったドアにリボス塗料で仕上げた。

工場生産された在り来たりの物とは違い、どっしりとした

存在感が漂っている。

少し割高でも手の込んだオンリーワンを求めたい方には

お勧めの逸品です。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

赤い縦張りの外壁

北欧スタイルの家が建てたいと言うお客様が、

今日、突然事務所にお越しになられた。

特に、赤い縦張りの外壁には執着されていた。

しかも、平屋建てで、薪ストーブも欲しいとかで、

既に夢は大きく膨らんでいる。

春に土地を購入して、すぐにでも建てたいのだと言う。

2015年に施工したJ様邸のような「赤」が好みだとも聞いた。

この家です!⇒http://j-creative.jp/new-example/s-4/

このようにホームページを見て、話を聞きに来て下さる方

が最近は結構多く、大変ありがたく思う次第です。

忙しい中でも、誠心誠意の対応を心がけて行きたいと

思います。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

Leave a comment

北欧産のレッドパイン

レッドパインの床材を標準仕様としているプロヴァンススタイル。

れっきとした北欧産の無垢板15㎜を使用している。

雪降る中、高台のプロヴァンスの家では床貼りに余念がない。

お客様には冬に素足で歩いても冷たくないとよく言われる。

現場では、木の匂いに癒される。

大工さん達も心地良さそうに仕事をしていた。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

玄関ポーチとロートアイアンの壁飾り

今日は本格的な寒波の前触れか、

かなり寒く、雪も降り、

車を運転するにもかなりストレスが掛かった。

工事の方は相変わらず大忙しで、

今週には引渡しを迎えるA様邸は、

最終追い込みでおおわらわ。

手前に見えるは今日植えたばっかりのカツラの木。

家のポーチ壁に埋め込んだロートアイアンの飾りは、

玄関ポーチの表情を高めるには最強のツールとなった。

コットンウォールの塗り壁とも相性が大変良く、

プロヴァンスの家にはとっても良くお似合いだ。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment