ブログ

とっても使いやすいと評判の洗面台

明日明後日に迫った見学会、今日はその準備に追われて忙しい。

注目スポットを何回かに分けてお伝えしてきたが、前日の今日は

洗面台についてお届けしたい。

現場で手作りした洗面台は、50角のモザイクタイルを天板に用い、

立ち上がりには奥様お気に入りのガラスモザイクを使用した。

幅80センチの大きな日本製シンクは、今までのお客様からも

とても使いやすいと評判が良い。(笑顔)

鏡周りに取り付けたモールディングは、木製の窓ともバランス良く

馴染んでいて、ヨーロッパさながらの雰囲気に一役買っている。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

木製窓に木製ブラインド・・・かなり良い!!

今回の北欧スタイルの家は、大半の窓に木製ブラインドを採用している。

今までには無い、ある意味、とても新鮮な印象を受ける。

施主様には少々無理をしてもらったが、木製窓ととてもマッチングしている。

特にこのアンティークタイプは、デザインが斬新で、私は気に入っている。

エイジング塗装を施した使い古し感がたまらなく良い!

こちらはリビング用で、オーク調の落ち着いた色の雰囲気がまた良い。

ドアや床、窓枠まで全部が天然無垢材だから、木製ブラインドも

生きてくる。

木の素材感に統一性を持たせた点が成功している。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

寝室の間仕切り壁を斜めにしたワケ

以前紹介した手作りの本棚はリボス塗料の仕上げを終え、

ファミリースペースに程良く収まった。

出来栄えには大変満足している。

また、施主様の要望もあり、ファミリースペースを少しでも

広く見えるようにと、また、安全上の配慮から、寝室の

間仕切り壁を斜めに取り付けた。

アメリカの家にはこの斜め壁が良くあるので、私なりには

結構見慣れているせいもあり、施主様の要望を何の抵抗

もなく受け入れることができた。

真四角な部屋ばかりではなく、必要に応じて、間取りに変化

を持たせてあげることも面白い提案へと繋がる。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

切っても切れない木製玄関ドア

T様がどうしても欲しかったという木製玄関ドアの塗装が完了した。

当社でも人気が高いシンプソン社のものにリボス塗料で仕上げた。

日本製のアルミ製玄関ドアとは比較にならない位、デザインが良い。

ステンドグラス入りの3枚窓がとってもおしゃれで、ここが決め手となり、

当社では標準採用とした経緯がある。

見学会の度に注目を集めるこの玄関ドア、切っても切れない当社のこだわりだ。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

外構も整えば、家は見栄えする!

駐車場舗装工事が終わり、本体全景と手作りの物置も初公開。

物置は家と同色の北欧スタイルを貫き、今回は2坪とちょっと大き目サイズ。

 

仮設トイレが邪魔して外観を損ねているが、

見学会当日は植栽も植えてばっちり仕上がるので、

見応えはかなりのものとなる。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

素足が喜ぶ北欧産レッドパイン

弊社で使用している床材は正真正銘の北欧産レッドパイン。

15mm厚の無垢材は、冬でも素足にとっても暖かい。

ところどころ光って見えるのは、リボス自然塗料を塗ったばかりで、

まだ乾いていないからだ。

これを使ったら、正直、工場生産のベニヤを貼り合せた床材が

どうしてもチャチに見えてしまう。(よくあるフローリング材)

そして、仕上げに使ったリボスは、自然塗料の何とも言えない

香ばしい臭いがして、気持ちが癒される。

思わず深呼吸してみたくなる・・・。

木をふんだんに使った北欧の家「リーケ」は、いよいよ完成間近。

来週末は、是非、深呼吸しに来て見て下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

天然素材にこだわった食器棚とテラコッタ

当社で一押しの手作り食器棚のご紹介。

現場で手作りした完全オリジナルで、世界にたった一つだけの

食器棚と言うことになる。

30㎜厚の赤松集成材で棚を作り、引き出しや開き戸は無垢の赤松材で作り、

仕上げはリボス自然塗料で仕上げている。

大工さんや建具屋さんの手間を入れたら、総額○○万円は掛かるが、

詳細は想像にお任せする。

床は深みのあるテラコッタで仕上げて、メリハリを付けてみた。

このテラコッタ一つ見ても、一枚一枚が粘土を使って手作りされているため、

大きさこそマチマチだが、そこは味わい深くて、むしろ楽しめる。

無垢の木や天然素材をふんだんに採り入れた当社の家づくりに

ご興味をお持ちのお客様、今月21日・22日開催の見学会で、

その本物感を是非ご体験下さい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

 

 

 

Leave a comment

解放感たっぷりの2階ファミリースペース

見せ場の一つが、2階ファミリースペースの勾配天井と化粧梁だ。

化粧梁は無垢の杉材に塗装仕上げした。

木製窓とぴったりマッチしている。

吹き抜けは、取引先の鉄工所に作ってもらったアイアン手摺りで飾ってみた。

吹き抜け上にはシーリングファンを取り付けて、暖冷房の調整に一役買ってもらう。

ファミリースペースから2階バルコニーへと続く廊下部分は、物干しスペースとしても

使用できるように、幅を持たせた。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

これを見たらみんなが欲しがる手洗い器

トイレ前に作った、当社で人気のオリジナル手洗い器です。(未完成)

水洗ボウルやアンティーク色の水栓金具と排水管は輸入品だが、

R壁のニッチや集成材のカウンターは現場で作った当社オリジナル。

在り来たりの埋め込み手洗いでは、全くもって面白くない。

他とは違ったデザインを提案しなければ差別化もできないし、

どこにでもあるような家は作りたくない。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

Leave a comment

ハーフルーバーの折れ戸・・・人気です!

今日は、北欧スタイルにピッタリの収納用折れ戸の紹介だ。

ヘム材の無塗装品にクリア塗装で仕上げた。

無垢材の木質感とハーフルーバーのデザインが人気の秘訣だ。

ルーバー部分から空気の出入りがあるため、衣服にも優しい。

北欧の家によく見られる木質感一杯の室内インテリアとしても、

十分楽しむことができる。

見学会では、木製窓との組み合わせにも是非注目していただきたい。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment