ブログ

L.J Smithの階段手摺り・・・お奨めです!

LJスミスの階段手摺り材が届いたのでご紹介したい。

アメリカンタイプのK様邸で使用することになったアイアン製の

バラスターだが、質が良くて、しかもリーズナブルだ。

本場アメリカではこんな使い方をされている。↓

階段の設置場所や形状で色んな階段手摺りのデザインが

想定できるが、このアイアン手摺りなら、玄関ホールや

リビング階段等の大きな吹抜けタイプにお奨めだ。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

窓周りのモールディング取付

N様邸の外部仕上げがほぼ完了した。

最後まで残っていた窓周りのモールディングの取付と

シーリング処理も完了し、お披露目を待つばかりとなった。

このモールディングがあるか無いかとでは、

デザインに格段の差が出てしまう。

本物志向を目指す当社にとっては、当然にして付けるべき

化粧部材であり、アメリカンスタイル「ジョージア」の標準仕様

でもある。

ラップサイディングの深い重なり幅も実に見事であり、

一枚一枚重ねて張り付けていることが分かると思う。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

完成が待ち遠しい「アーリーアメリカン」

N様邸の最新完成予想図が出来上がった。

広告用に自社で作製したパースだが、

建物自体はかなり正確に描かれていると思う。

(車や植栽等はイメージなので悪しからず)

カバードポーチとラップサイディングが特徴の、

典型的な「アーリーアメリカンスタイル」だ。

当社にお越しになるお客様には、

このデザインが好きな方が結構多い。

近い内に足場が外れて全貌が見えるので、

その時は、また実際の外観をご披露したいと思う。

完成見学会のご予約はこちらから。

http://j-creative.jp/tour-information/

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

 

Leave a comment

輸入住宅「らしさ」の内装工事

内部造作工事が終盤に入ったN様邸。

窓周りのモールディングや天井入り隅の廻り縁も

既に取り付けられていた。

これだけ見ても、

日本のハウスメーカーには無いデザイン性と

高級感が、はっきりと見て取れる。

輸入住宅の、「らしさ」と言う点では、申し分ない。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

感謝の出会い、一生大事にしたい!

ゼロキューブの新しいお客様(H様邸)の基礎工事がようやく始まった。

資金計画をがっちり勉強していただき、ローンのお手伝いと土地購入

のお手伝いも合わせてさせていただき、やっとここまで辿り着けた。

道程は長かったが、十分に準備をやりきった感がある。

思えば、H様との出会いは昨年10月の完成見学会だった。

その時に資金計画の重要性を十二分にご理解いただき、

11月から開催した「ゼロキューブ・モデルハウス」にも再来場

していただき、じっくり時間を掛けて、信頼関係が出来上がった。

このご縁は一生大事にしたいと思う。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

お客様から大変喜ばれる「R下がり壁」

石膏ボードの貼り方もかなり進んだN様邸。

キッチン前のR下がり壁も綺麗に作ってもらった。

実を言うと、このR下がり壁の施工にはかなりの技術が要る。

大工さんからは手間が掛かるのであまり歓迎されない施工

にはなるが、お客様からは大変喜ばれている点、

当社にとっては「売り」のインテリアと言うことになる。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

自然素材をふんだんに使用した輸入住宅

「子供の日」の今日は仕事モードで颯爽と出社し、

休日にもかかわらず大工さんが作業していること

もあり、朝一で現場を回ってみた。

アメリカンスタイルのN様邸は内装仕上げが佳境に

入っており、床材貼りで忙しそうだ。

標準仕様の赤松無垢板は正真正銘の北欧産。

厚さ15㎜の良質材は素足で歩くと心地良くて、

しかも匂いも良いので、とても心が癒される。

写真右側に見える黒い部分は、15㎜合板の上に

敷いた遮音マットで、階下に響く音を少なくするため

の当社標準仕様の遮音床材だ。

階段材も赤松無垢材30㎜を使用しており、

自然素材をふんだんに使用した輸入住宅と

断言できる。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

輸入住宅には無くてはならない「外構工事」①

当社で、家の提案と合わせて積極的に行っているものに

外構工事がある。何故なら、家だけ建てて、フェンスや植栽、

玄関アプローチ等の付帯工事が無しでは、折角建てた新築

の家がとても貧弱に見えるからだ。

外構工事と言っても色んなカテゴリーがあり、一度では

紹介しきれない量になるので、何回かに分けて色んな

お話しを、タイトル別にご紹介したいと思う。

一回目の今日は、「フェンス」のことについて少しだけ。

当社が施工する輸入住宅には、やはり欧米の

デザインフェンスが良く似合う。

当社が最も多く採用するアルミ製の「ララミーフェンス」は、

日本製ながら耐久性が高く、デザインもvery good!

「プロヴァンス、アメリカン、北欧」の3つのデザインにも

ばっちり決まる。

輸入品もあるが、コストが高いこと、施工性が悪いこと

等があり、どうしても提案には結びつかない面がある。

 

デザイン性は良いんだが、実用性には今一かも知れない。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

広告は必死で考え抜く!

不動産情報5月号が出来上がり、宅建協会より配布された。

毎月カラー広告を掲載するにあたり、その都度デザインを考える

のが面倒臭いことはしばしばあるが、作るのが好きなこともあり、

締切ギリギリまで考えることがしょっちゅう。

出来栄え如何では、ホームページへのアクセス数や資料請求数、

ひいては契約数にも大きく影響するから、決して手を抜くことはできない。

とことん向き合って行くことが大事だ。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

アーリーアメリカンなら、この外壁しかない!

アーリーアメリカンのN様邸は外壁工事に着手した。

もちろんラップサイディングでガチガチに決めている。

木目柄のラップサイディングを標準仕様とし、

ますますアーリーアメリカン調を強調するデザイン

を貫いた。

見た目は木に見えるが、れっきとした窯業系の

サイディングで、耐久性がすこぶる高く、表面の

特殊加工により汚れも付きにくい優れ物だ。

このサイディングの特徴としては、

一枚一枚重ね張りしていくため、深い陰影を

コーディネートできるデザイン性がある。

ここにも、本物感を大事にしたい当社のこだわり

がある。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

Leave a comment