ブログ

2006年 08月 08日

正午の外気温が既に35℃を超え、恐らく午後には、今年最高気温をマークするのではないかと思う。うだる様な暑さに正直閉口してしまう。ちなみに、地球上で観測された一番高い気温は、1921年にイラク南部の港町バスラで記録された58.8℃だそうで、この温度は玉露茶の適温というから、想像に絶する。
 現場で働く職人の方々には頭が上がらない。酷暑の中、左官屋さんは外壁のモルタル工事で重要なメッシュの貼付けを黙々とこなしていた。乾きが良いから、だらだらとした作業は禁物である。クラックを防止する大きな役割となる。ハンガーに掛けて日干ししてあった半袖シャツが印象的だった。
 ここで涼しい話に切り替えると、先日の日経「プラス1」に載っていた話だが、全国のご当地アイスのランキングで、我が鶴岡の「だだちゃ豆アイス」が堂々の3位を獲得していた。だだちゃ豆の青みと香りが受けているそうだ。我が家でも大好物の一品で、この時期の恒例となっている。だだちゃ豆に限らず、庄内特産物が飛ぶように売れているのは大変名誉なことであるが、旨いところを、地元以外に持って行かれる淋しさみたいなものが正直ある。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 08月 03日

今さっき、事務所前の通りを爆音を鳴らして通り過ぎた暴走車があった。石油高騰のご時世にも拘らず、なんと無駄な吹かしをしているのだろうと首を傾げたくなる。騒音だけなら一時我慢さえすれば良いが、厄介なのが今話題の「温暖化」へと結びつく。二酸化炭素を発生するから、温室効果ガスが増し、結局は地球温暖化の原因を作っているようなものだ。
排気ガスだけではなく、最も身近なものとして、住宅から排出される二酸化炭素、具体的には暖房機器、給湯器等が挙げられる。だから、最近ではオール電化住宅やら、エコキュートやらと、環境クリーン商戦が華々しい。ただ、イニシャルコストの面ではまだまだ課題は多い。
 今、世界では多くの島々が地球上から消えようとしている。地球温暖化による海面上昇が原因だ。「京都議定書」において、日本は2008年〜2012年までの期間内に、温室効果ガスの排出量を1990年度比で6%削減することを世界に公約したが、現状では目標達成は極めて難しいと言われている。
 個人レベルでの取り組みの観点からいえば、重複になるが、排気ガスや住宅問題が重要になる。CO2を出さないように気をつけようという話だ。「次世代省エネルギー基準」は住宅の高断熱化を図り、CO2の排出量を抑えることにより、地球温暖化を防止しようという趣旨のもと設定された。
ここで大変重要になってくるのが住宅サッシの性能。熱損失が少なければ少ない程上等になってくる。樹脂製ペアガラスは、地球温暖化防止を語るには必須のアイテムであり、LOW−E複層ガラスともなれば最高ランクの製品でありながら、欧米では当たり前のように使われている。正に先進国である。
 少し宣伝させて貰うと、当社のサッシは全て、樹脂製ペアガラスを標準仕様としている。(もちろんLOW−E複層ガラス。)近いうちに内覧会等で、その断熱性能をとくと体験してもらいたい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 07月 27日


新築現場で初めて屋根材にグラスファイバーシングルを採用してみた。
これが中々良い。見た目の良さとリーズナブルな所。それに30年保証という高い耐久性がメンテナンス費用を大幅に削減してくれる。色落ちの心配が無い点、鉄板やコロニアルより遥かにお薦めの部材である。アメリカやカナダの住宅市場においては80%のシェアを誇る。当社では今後、標準仕様の屋根材として採用を検討して行きたい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 07月 25日

会社を創ってこの2年間、とにかく我武者羅に突っ走ってきた。それこそ、身を粉にしてという表現が相応しいかもしれない。少人数でのスタートだった事もあり、営業はもちろんの事、現場管理、設計、発注、経理、何でもござれの仕事人間化した毎日だったと思う。
 ホームページを早く開設したいという気持ちとは裏腹に、日々の仕事に追われ、ホームページの思案どころではない苛立たしい気持ちばかりが鬱積していった。そんな折、TシステムのI氏よりホームページ創作のお話しがあり、それじゃあとばかりに真剣に取り組みだしたのだった。
 まずは手始めに全体構成に取り組むが、そう簡単に行かないのが世の常。そうじゃない、こうじゃないの繰り返しで、I氏にも相当のご苦労とプレッシャーをお掛けしたのではないかと自責の念に駆られるが、うまい労いの言葉が中々見つからずに今日に至っている。何だかんだ言いながら無事に完成を迎えることが出来た事は、また一歩前進出来た分けで、会社経営とは一つ一つの積み重ねなんだと云うことを今更ながら実感している。
 今後は盛り沢山の情報発信と、そして何より、輸入住宅の素晴らしさを庄内の皆さん、ひいては全国の皆さんに力説して行きたいと思う。それこそが私の意思表示であり、志そのものだと思っている。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment
145 / 145« 先頭...102030...141142143144145