ブログ

2007年 11月 23日

「千日回峰行」をご存じでしょうか?
京都比叡山の天台宗きっての荒行のことである。
どういう荒行なのかを簡単に説明すると、
千日をかけて4万キロを歩く修行や、
9日間も堂にこもり、断食、断水、不眠のまま、読経する。・・・
(ネットで検索すると解ります)
なぜこんなことをいきなり書くのかといえば、
宗教に目覚めた訳でもなく、出家に興味がある訳でもない。
先日のニュースで、つい最近この「堂入り」をやってのけた若い層
を取り上げていたのを観て、とても感動したからである。
普通の人間ならとっくに死んでいるだろうと言われる荒行の
一つである。
この若い層は、平井賢が好きな32歳のイケメンときたから、
また興味が湧いたのかも知れない。
実を言うと、この「千日回峰行」については、3年前くらい前にも、
NHKの特別番組で観て、深く感動をしていた。
そのときの僧侶は酒井雄哉(ユウサイ)さんという方で、
ビックリしたことには、この方は「千日回峰行」を二度も達成している。
記録によれば、長い歴史の中でも、二回達成した人はわずか三人しか
いないそうである。
こういう過酷な修行をいとも簡単にやってのける人を見ていると、
普通に毎日を送っている我々なんか、到底足元にも及ばないというか、
もっと自分を追い詰めた、精一杯の毎日を過ごしたいと思うのである。
「できない事は無い!できるまでやる!」
こんな気持ちにさせてくれる。

皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2007年 11月 21日

暇を見つけては、小冊子造りに励んでいる。
私の家造りに対する熱き思いを、皆さんにお伝えするための
ツールとして7つ位のタイトルでお送りする予定である。
これは自分で手間隙を掛けて作ってこそ意義があり、
最高の価値があると思っている。
先月、鶴岡タイムスに小冊子の無料進呈を掲載したら、
以外に多くの方から希望があり、暫くは自己満足に浸っていた。
作ってみると、これが結構大変で、書いている時間よりも
考えている時間の方がはるかに多い。
下手なことは書けないし、かといってウソを書くわけにもいかない。
これを読めば、熱き思いを汲み取ってもらえるように、
また、人柄や家造りの理念なども理解して貰えるような、
そんな小冊子造りが重要になる。
ご希望の方がいらっしゃれば、随時、トップページの最新ニュース
コーナーにてご案内いたしますので、ご遠慮なくお申し込みください。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2007年 11月 20日

雪降る中、山形まで高速を車で走った。
宅建主任者免許の更新のため、法定講習を一日びっしり受けてきた。
車の運転で神経を使い、講習では頭を使い、もうくたくたである。
例年よりも山々の雪景色が早いらしく、辺り一面真っ白だった。
道路の状態は、往路だけ途中圧雪状態があったが、
帰りは日頃の行いが良いせいか、幸いにも雨だけで済み、
ストレスを感じない運転ができた。
今、夕方6時半になった。
さて、仕事が山のように溜まっているから、集中して仕事しよう!
家族サービスをしてやりたい気持ちを尻目に・・・
でも、息子とはこの間、「ダイハード4」を一緒に観たし、
テレビゲームのサッカーも一緒にやったし、
これでもマメに家族サービスはしているつもりである。
ついでに、「ダイハード4」は結構楽しめたということも書き加えておこう!
ハラハラドキドキのアクション映画には目がない。
特にアメリカ映画は、スケールが大きいところがたまらない。
あ、そう言えば、
一昨日はデンゼル・ワシントン主演の「デジャブ」も観たんだっけ?
これも面白かった。
ただ、1回観ただけでは中々理解できないかも知れない。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2007年 11月 07日

最近お客様と打ち合わせをしていて、つくづく感じる事がある。
土地選びの際に、ああでもない、こうでもないの連続で、どうも
的を絞りきれてないというか、踏ん切りが悪いというか、時間が
掛かるケースが多い。これは一重に、売り地が多すぎるせいも
あり、買い手市場になっているとしか言いようが無い。
それにしても、お客様にはっきり申し上げなければならないのは、
「100点満点の土地などあり得ない」ということです。
土地を探す場合に一番大事なことは、
譲れない希望と妥協できる条件を明確にすることに尽きます。
そのためには、希望条件を書き出して、優先順位を付けておくことが大事です。
妥協しなければいけない点が自然に見えてくるはずです。
「北向きだから嫌だ」「形が悪いから嫌だ」「細長いから嫌だ」
こんなことばっかり言っていたら、いつになっても家は建てられません!
土地の弱みは家のプラニングで解消すればいいんです!
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 10月 24日

今日は高校時代の同級生である高橋雅之君についてPRしておきたい。
 なぜ彼が登場するかと言うと、実は明日10月25日(水)より29日(日)までの5日間、鶴岡市アートフォーラムにおいてグラフィックポスター展を開催するのだ。代表作に唐沢寿明著の「ふたり」の装丁や石原慎太郎著の「弟」の装丁等を手掛けている。結構目にした事のあるポスターも数々ある。興味のある方にとっては結構楽しめるのではないかと思う。それも無料だから、アートフォーラムの建物の雰囲気を味わいながらのちょっとしたアート鑑賞はいかがなものでしょうか。
 なぜ鶴岡でアート展を実行することになったのかを本人に聞いてみたところ、泣かせる返答が返ってきた。彼の両親は健在しているが、その2人の元気な内に、故郷で個展を開催することが長年の夢だったらしい。誰よりも両親に観てもらいたい為の個展なのだ。なんとも泣かせるではないか。何より嬉しい親孝行だと思う。
 ここで高橋君のプロフィールを簡単に紹介すると、
  職業:グラフィックデザイナー
  年令:不詳・・・(隠す必要は無い、1957年生まれ)
  卒業高:鶴岡南高校、金沢美術工芸学校商業デザイン科卒。
  職歴:デザインプロダクション(株)ケイツーにてデザインの仕事に従事。
     1994年 タカハシデザイン室(渋谷区代々木)設立。
     以後現在に至る。
 写真で見ると髭なぞ生やし結構強面に見えるが、実は痩せなシャイ男である。イチローが大リーグに挑戦する時に、無精髭を生やし、いかにもツワモノを装ったようなそんな気持ちなのかも知れない・・・本人に聞いてみないと分らないが。
それにしても、自分の好きなことを天職としてできるのは大変幸せなことである。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 09月 29日

今回の見学会にお越し頂いたお客様とお話ししてみて気づいたことの一つに、ツーバイフォー工法に強く関心をお持ちな方が多かった事がある。新潟中越地震の余韻覚めやらぬのか、耐震偽装問題に刺激されて敏感になっているのか、高い買物だから当然と言えば当然である。
 外国人の抱く「日本人の印象」というものを先日の新聞で取り上げていたが、これが中々面白かった。「日本人」というのは、周りの皆がやっていれば私もやってみる、皆が買っているものは私も買ってみる、つまり「皆が渡れば怖くない」的発想をする人種として見らている。つまり、何をか言わんとしているのか。
 住宅の工法一つ見ても、周りの皆が建てている在来工法が一番と決め付けている「日本人」はまだまだ多く、ツーバイフォー工法に感心すら持たない人が圧倒的かもしれない。先入観をなくして、「日本人」の殻から抜け出す勇気を持って貰いたいものである。
 当社では在来工法で建てた実績もあるし、決して在来工法を否定している訳ではない。在来(軸組み)工法にはそれなりの利点はあるし、軸組み工法主体のメーカーや大工さんと論争する気もさらさら無い。しかし、ツーバイフォー工法の凄さをもう少しグローバルな視点に立って見ていただきたいと思う。世界的に通用する工法が日本にマッチしないはずがないからである。
 ツーバイフォー工法に少しでも興味をお持ちの方には、実際の建築現場を見ていただくことをお薦めしたい。地震、台風に強い仕組みに納得されることと思う。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 09月 20日

「美咲町完成発表会」今日までの前半の部にお越しいただきましたお客様、大変有難うございました。予想を上回る反響に正直驚いております。どちらかと言うと、40代位までのお客様層を想定していたのですが、50代、60代のお客様も比較的多かったのは、きっと商品全般の価値感をご理解いただいたものとただただ感謝するばかりです。
また、酒田方面の遠方からお越しいただきましたお客様にも深く御礼申し上げます。酒田方面での見学会開催の折には、また是非お越しいただけるものと確信して止みません。
 さて、後半の部となる今週土日には、先週見過ごしたお客様よりもご来場いただき、「そこはプロヴァンスの匂いがした」の雰囲気を是非感じ取っていただきたいと思っております。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 09月 12日

美咲町の工事もいよいよ最終段階に入り、現場は連日てんやわんやの大騒ぎである。創業して以来初めての建売住宅になるが、外観は勿論、間取り、設備面、使っている素材まで、全ての面において私の家造りの集大成となっている。
 あくまでもヨーロッパスタイルにこだわったコンセプトを貫かせてもらった。自分で住んでみたいとする住宅像を徹底的に追い求め、在り来たりの家にならないように、外観とか内部インテリアには特にこだわりを持ってみた。一つ一つの素材も厳選された物を使用し、自分で言うのも何だが、high quarityの商品に仕上がっている。
 9月16日(土)からの公開になるが、詳細は当日の朝刊折込またはホームページ上にてご覧いただきたい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 08月 31日

暫くブログを休んでしまった。忙しさと面倒臭さが相まって、中々キーボードに向かう気になれなかった。向かってしまえば何ということは無いのだが・・・。
 美咲町の建売型モデルハウスの工事もいよいよ最終段階に入っている。外壁の塗り壁も綺麗に仕上がり、ヨーロッパ調の雰囲気が漂っている。表面の仕上げ材はアメリカ製の製品で、大理石の砂をベースにしている点が他社には類を見ないところである。何が凄いかと言えば、柔軟性に富んでいる為クラックが生じにくい所、通気性が良い為コケ類が生えにくい所等等。極めつけは、自然素材を原料としている為、メンテナンスフリーの外壁材である点である。50種類を超えるカラーバリエーションも魅力の一つ。
 左官屋さんがコテ仕上げをしているのを見て、試しにチャレンジしてみたら、これが結構難しい。鱗模様になってはつまらない。ラフな塗り加減にするには、微妙なコテさばきと鋭い感性が要求される。芸術的センスとでも言った方が良いかもしれない。「長年の経験と感」、言葉だけでは理解できない領域を経験させて貰った。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2006年 08月 12日

住宅業界にとっての新しい法律が施工された。「住生活基本法」だ。分りやすく言えば、住宅の安全性と品質向上を目的とした法律である。折しも耐震偽装事件により住宅業界に対する信頼が揺らいでいる時だけに、まさに起死回生の国策である。
 住生活基本法は、住生活の基盤となる良質な住宅供給を基本理念としているが、実は、高品質な住宅と的確な情報を提供できない事業者は、今後市場より撤退を求められるという、かなりシヴィアな側面が存在している。いい加減な仕事をしている業者は生き残っていけないという訳だから、事は深刻である。
 高品質住宅の具体例として、50年・100年を超える長寿命住宅、人に優しい住宅、環境に優しい住宅等等が挙げられる。長寿命住宅と言っても、耐久性だけでなく、デザイン性の高さも求められている。つまり、古くささを感じさせないデザインなんだそうだ。バリアフリー化も更なる進化が必要であり、太陽光発電装置のますますの普及や風力発電システムの開発なども必要となってくる。
 今回の基本法は「質」の向上を目指していることがあり、「いい物を造って長く使う」という考えが必然的に出てくる。長く使う為には手入れを怠る訳には行かず、リフォーム市場も活況を呈してくる。そして、今後欧米のように、長く住み継がれた家は高く売れるという不動産市場が形成されて欲しいと願うところでもある。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment