ブログ

2009年 03月 30日

土曜日から一泊二日で東京に家族旅行に出かけて来た。
一日目は「ディズニー・シー」。凄い人に圧倒された。
年末に、あるお店で招待券が当選していたこともあり、早い内に
ホテルと航空券を予約していた。でなかったら、春休みの混雑に
巻き込まれていたかも知れない。
4月より中学入学の息子のために、神様が幸運をもたらしてくれたラッキーな
プレゼントだと思っている。ありがとうございました。
アトラクションの待ち時間が短いものでも2時間。寒空の中、息子のリクエストで
「海底2万マイル」に並んで見た。やっぱり2時間待ち。疲れ果てた!
見学はたったの3分で、内容も当て外れ。くたくたである。
次に一番人気の「インディージョーンズ」。
午前中に4時間待ちの表示を見て、早々にファーストパス券(予約券)を
貰っておいたので、20分くらいの待ち時間で大丈夫だった。
さすがに一番人気とあって、その面白さは最高だった、と息子の感想。
自分はと言えば、
テーマパーク内のどこに行っても、アンティークな建物や装飾品などに
目が釘付けになり、探究心を大いにくすぐられたのだった。


何十年経ってもデザインの衰えない家。正に「アンティーク」。
何より感動したのが、働いている人達のお客様への持て成し方。
いつでも、どこでも、誰にでも、「笑顔の応対」。そして、「適切な対応」
どこに行っても長蛇の列に嫌気がさして、あるスタッフの方に、
「待ち時間が少ないテーマパークはどこですか?」と質問すると、
忙しいにも関わらず、いやな顔一つも見せずに、そのスタッフの方は奥に行って
調べて来てくれたのだった。その時間、約5分。大変助かりました。
さすが顧客満足度ナンバーワン企業。リピーター率1位が頷ける。
先日の新聞に出ていたのが、この不況な時代でも利益率が高い企業ベスト10。
上位には、ユニクロやオリエンタルランド(東京ディズニーランド)、任天堂、
マクドナルド、等が掲載されていたが、
これらの企業の共通点と言えば、子供達や若い人達で溢れていること、
そして任天堂を除けば、常に笑顔の接客で感じの良い企業ばかりである。
商売の大事な基本を教えられたような気がした。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 27日

今日は朝からべた基礎スラブのコンクリート打設。


外側のフーチング部分から埋めて行く。
ただ入れるだけでは駄目で、バイブレーターを使って生コンクリートを
隅々まで行き渡らせることがとても重要な作業である。

左官屋さんの話によると、バイブレーターの掛け具合が難しいらしく、
あまり掛け過ぎても空気穴(ジャンカ)が出来やすくなり、そのため強度が弱くなる。
長年の経験と勘がここでも物を言うらしい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 25日

砕石の転圧が終わると、シロアリ用の土壌消毒をし、防湿シートで砕石を覆う。
防湿シートは、もちろん湿気が上がらないようにするためである。
防湿シートが終わると、鉄筋を配置する作業がある。
今日はその配筋作業であるが、ブルースのべた基礎は地中梁の窪みがあるから、
作業がとても大変である。


しかも使用している鉄筋は、場所によっては13ミリがほとんどで、
ピッチも100ミリと普通よりは狭い。それだけ頑丈な基礎ということになる。
お客様にとっては本当に安心であると思う。

前にも書いたが、これだけ頑丈な基礎は他には無いと言っても言い過ぎにはならない。
当社では木造2階建てでも、物件ごとに構造計算を行っている。
普通なら木造の場合、3階建て以上でないと構造計算はやらないが、
構造設計屋さんの奨めで、多雪地域ということもあり、物件ごとに行っている。
「完成したら見えなくなってしまう部分こそ大事」である。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 20日

表層改良工事が終わり、養生期間を3〜4日置いた後、基礎工事に入って行く。
まずは、砕石を12センチの厚さに敷き並べ、転圧を掛ける。


地中梁の根切り厚さがあまりにも深く、砕石の量と施工固めの点において、
左官屋さんからはブーブーと不満を言われ、作業ペースが思うほどに進まない時に
出る、あのいつもの文句だなと、私なりに解釈をしていた。
例え手こずる作業とは言っても、決して手を抜かないこの左官屋さん。
だからこそ今までずっと一緒に仕事をさせていただいている。
業者さんとの信頼関係も、お客様との信頼関係以上に大切である。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 19日

17日と18日は、東京ビッグサイト(お台場)で開催のジャパン建材フェアに、
建材屋さんのご招待で行ってきた。


建材メーカーでは年に何回かに分けて、工務店向けに新商品をアピールする
展示会を開催している。我々で言えば、「完成見学会」みたいなものであるから、
この時ばかりはメーカー側は必死に売り込んでくる。
また、我々にとっても最新商品を見れる絶好のチャンスの場でもある。
今まで知らなかった事や、ホットな情報などを聞き逃す手は無い。
大いに利用させてもらい、ビジネスに役立てたい。
その日の夜は、横浜にバスで移動し、中華街で飲食。
久しぶりの中華街に凄くエキサイトできた。

飲食代はジャパン建材さん持ちだから、なおのこと、感激が大きい。
泊まりは、浅草ビューホテル。
翌朝6時に起きて、近くの浅草寺までお参り。

皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 16日

表層改良工事が終わり、べた基礎地中梁の納まる部分が縦横に
深く掘れているのが写真で良く判る。(雨が溜まっている部分)
しかしながら、ここまで念入りに地中梁を作るメーカーはめったに
ないと思う。これだけでもお客様にとっては凄く安心に思えるはず。
完成したら見えなくなってしまう部分こそ、お客様にはしっかり見ておいて
もらいたいと思う。


今日午前中に、遣り方出しが終わった。
建物の位置と高さをを出すための仮設作業である。
雨の中、大工さんにはご苦労をお掛けした。

この遣り方を基にして、今度は基礎屋さんが大事な基盤を造って行く。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 13日

気候がようやく暖かくなり、いよいよ工事も本格的になってきた。
この辺の地域では、12月〜2月までの、いわゆる冬期間は、
余程急いでいない限り工事をやることはあまりない。
お客様の方で嫌がると言った方が適切な言い方であろう。
3月は住宅工事の解禁月である。
H様邸の地盤改良工事が今日より着手。
「表層改良工事」と言って、表層1.5メートル位の土を剥ぎ取り、
その土と固化剤(セメント)を混ぜ合わせて固める工法である。
軟弱だった地盤がカチカチに固まってしまう。
固まった地盤の上に建物を乗せる、極めて合理的なやり方である。



大きな袋に入っているのが固化剤で、ユンボで土と混ぜ合わせているところだ。
話によると、その固化剤は土と混ぜ合わせるだけで固まるのだそうだ。
水は要らないらしく、むしろ雨の日には施工が難しいらしい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 09日

昨日の日曜日は、不動産研修に参加のため山形まで出張。
研修と言っても、分譲地や建物の見学が中心の、
目で見て学ぶ、言うなれば眠くならない研修だ。


他メーカーの建物も直に見れるから、別の意味でもとても有意義な研修である。
山形市と米沢市の物件を見て回り、最後はおまけとして上杉神社に観光。
生まれてこの方、米沢に来ること自体初めての体験。
NHKの天地人の影響もあってか、観光客が結構多かった。

最近では、「おくりびと」がアカデミー賞を受賞したことがきっかけで、
庄内への観光客も増えつつあり、さらには藤沢周平記念館が完成すれば、
全国的に山形県が注目されるようになるのではと、誠に楽しみな話である。
それと、モンテディオ山形の一部昇格もあるので、何かと話題性に事欠かない。
上杉神社の入り口付近にある土産店に人だかりがあったので行ってみれば、
それは以外にもコロッケ屋さんだったが、話によると、米沢牛入りのコロッケと
あって非常に人気があるらしい。

残念ながら、昼食を食べたばかりと言う事もあり、
その人気コロッケは私の食思を刺激することはなかった。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 03月 06日

S様邸の地盤調査を実施した。
新潟市から来たという調査会社は、往復6時間の長旅である。
本当にご苦労様です。
「シールドエージェンシー」の保証であることから、調査会社も
前回と同じなのであろう。


差し込むロッドが1,2本目、スッコンと落ちて行く。
かなり弱そう?心配!
砂地だから強いと思っていたが・・・

深度1.5メートル位からは浸入速度が極端に遅くなり、
硬そうなのが目に見えて分った。
最終的にはデータを分析してみないと分からないと、
どこかしらお笑いタレントの伊集院光氏に似た調査員の方が言っていた。
それはともかくとして、
二人の調査員の方々の対応がとても感じが良くて、礼儀も正しく、良く教育
されているなあとひしひしと感じたのだった。
こういうことってすごく大事!
次の機会もこの会社を指名したくなる、ふと、そんな気持ちにさせられた。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2009年 02月 25日

午前中に基礎屋さんと一緒にS様邸の土地レベルを測定。
土地の現況を把握するために、基準になるポイントを元にして、
各ポイント毎の高さを出してやる作業だ。
これは建物の基準高さを決める上での極めて重要な作業である。
土地にも色んな形状があり、まっ平らな土地ばかりではない。
窪んだ土地もあれば、傾斜した土地もある。
だから、建物以外にも土地に付帯する費用も見ておかなくては
ならない場合が往々にある。
計画建物の高さを設定するに当たり、一番厄介なのが
計画地と隣の敷地との間に段差がある場合の処理である。
これって結構あるパターン。特に既成住宅地では、ぽっかり空いていた
更地なんかに多い。
計画地が低い場合には、隣より低くて面白くないという建て主の心情的な
問題がある。盛り土すればお金が掛かるし、擁壁も必要になるかも知れない。
踏んだり蹴ったりである。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment