ブログ

2008年 10月 17日

廊下は、あまりくねくねとしたものは避けた方がいい。
動線が悪いことと、間取りに無駄が生じやすくなるからだ。
写真の廊下は、突き当りの部屋の手前を左に曲がれば寝室で、
L字型の極めてシンプルな廊下となっている。


動線が良く、無駄がない間取りを実現している。
見学者には、延べ床面積以上の広さを感じ取ってもらえるはずです。
どうしても予算的に厳しい場合には、グレードを下げることよりも、
なるべく無駄の無いプランを提案することが何より大事だ。
ついでに、2階床仕上げについてだが、
ある輸入住宅メーカーでは、カーペットにしたり、1階よりグレードの落ちる
床材仕上げにしていたり、あれは正直全然良くない。
お客様があまり行かない2階だけ、材料を落として予算調整している
ようにしか見えないし、すごく安っぽく見えるから、
2階床も1階と同じ床材にすべきですね!
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 10月 15日

輸入住宅と言えども、和室は造れるし、お客様のご要望も多い。
リビングと続き間にするか、独立した和室にするかは、二つに分かれる。
リビングと一体型にすれば、普段はオープンスペースとして利用できるだろうし、
お客が来た時には襖を閉めればいい。普段の生活を重視した使い方ができる。
また、独立型を選択した場合は、リビングとは完全に離れてしまうため、
どちらかと言うと、お客様重視と言えるかもしれない。
輸入住宅の和室の特徴は、純和風住宅とは異なる。
一言で言えば、ゴテゴテの和風仕上げは禁物である。
ゴテゴテ仕上げにしてしまうと、そこだけ妙に浮いた感じがして、
思いきり違和感が出てきてしまう。


写真のように、リビングと続き間の場合は特に注意が必要になる。
オープンスペースとして使っても何の違和感も無い仕上げが大事だ。
和風でありながら、軽いタッチの仕上げにこだわりたい。
障子でもいいが、和風仕上げのプリーツスクリーンが尚いい。
壁や天井も明るめに仕上げたい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 30日

玄関ポーチには300角の輸入品の磁器タイルを使用。
このオレンジ色が一番人気です。


アプローチで使用している枕木風に見えるやつは、実は化粧したコンクリート板で
日本製です。
家を新築する際に、外構までは中々資金が回らないのが皆さん共通している
点かもしれませんが、せめて玄関先位はこの程度の仕上げにこだわってもらい
たいものです。そんなに予算がなくても行けますから。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 29日

昨日で見学会が終わり、施主様への引き渡しも無事に済みました。
若干バテ気味ですが、ご来場のお客様のプランニングと見積もりが
待っているので、これからがまた忙しくなります。
中古住宅の契約も1本控えているので、その準備でも頭がパニック
になっているようです。
宮野浦の見学会では、延べ日数6日間で約70組の来場がありました。
(もちろん興味半分でお越しいただいたご近所の方々も入れてですが・・・)
内一日は平日だったことと、二週目の土日・二日間があまり伸びなかった
こと、それに宮野浦の位置的なことを考慮に入れると、一日平均12組弱
の集客数はまずまずと思っていいだろうと感じています。
私は上棟式の時に、施主様に「ご近所で評判になる家を造ります」と口約
しました。結果を見れば、十分にご近所で評判になる家を造れたと思っています。
反省点として、完成見学会はあまり長い期間だらだらやるのではなく、
短期集中型で、勝負を掛けた方がいいのではないかということです。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 27日

階段前の壁はアーチ下がり壁にして、これがぐっと雰囲気を
良くしてくれています。ブルースの家はこのアーチ下がり壁が一つの
特徴でもあります。


壁に埋め込んだガラスブロックがまた色を添え、輸入住宅らしいインテリア
を引き立ててくれます。ガラスブロックの裏側はユーティリティーとなっており、
アイロン掛けしながらでも、リビングの雰囲気を奥様が察知できるように配慮
いたしました。
また、奥に見えるトイレまで続くパイン床材の流れが、とても綺麗に見えると
思いませんか?
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 26日

現場造作の洗面化粧台も人気が高く、皆さんが目を丸くして見ています。
そして必ず出る質問は、「目地は汚れますか?」
それに対して、「日頃の手入れを怠れば汚れます」と答えています。
歯ブラシで擦ってマメに手入れすれば、何も問題は生じません。
在り来たりの洗面化粧台では満足できない方にはお薦めです。


タイル貼りのキッチンや洗面台を造れるメーカーが庄内にもあったのかと
驚いていらっしゃる方も中にはいて、それだけで十分に差別化が図れていると
感じた次第です。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 25日

パイン無垢の床材も、見学会では非常に人気がありました。
自然素材ということはもちろん、暖か味があることと、節のある特有な雰囲気が
人気のある理由だと思います。


飴色に見えるのは、リボスのオーク色を塗っているからです。
このリボス塗料(ドイツ製)は赤ちゃんが舐めても大丈夫という商品で、
植物油から作られています。部屋中、嫌みの無い良い匂いが漂っています。
床材に合わせて、階段踏み板も節のある30mmの松材にリボスで仕上げました。

既成品の階段材では面白くないので、敢えて大工さんに加工してもらい、
それなりの雰囲気を出すことができました。
階段手摺り壁も斜めのカットではつまらないので、段々状にして雰囲気を出して
みました。小物を置けるし、飾り棚として活用できます。(若い人に大受け)
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 24日

内部のインテリアではカーテンレール全てと照明器具の一部に、
アンティーク調を取り入れました。



黒いのは寝室用、白いのは子供部屋用と、使い分けをしています。
階段の壁灯はオーデリック製。

結構人気がありました。
さて、昨日23日は強風にも関わらず土日と同じくらいの来場数があり、
日数が長いためか、分散化の傾向がみられるようです。
短期間に集中して来られるよりは、ゆっくり接客できるので、
私としてはありがたいです。
そして、取引業者の方々にもまたまたお越しいただきました。
まずは、T社の板橋さん、友人を2組も連れてきてくださり、大変ありがとうございました。
いつもホームページの更新ではお世話になっており、また、ホームページの運営
についても、良きアドバイザーとしていつも相談にのってもらってます。
適切なアドバイスをいつもありがとう。
もう一人、A社の山下さん、こ家族でのご来場大変ありがとうございました。
宮野浦のすぐ近くに住んでいること、出身が長崎県ということも驚きました。
(私も大学4年間を長崎で過ごしました。)
なんか縁があるのではないかと、この間盛り上がったばかりでした。
今度焼き鳥連れていくぞ!楽しみに!
あと一人、P社の八尾坂さん、差し入れありがとうございました。
ある地方紙の取材がご縁でお付き合いさせていただいています。
12月号は皆をびっくりさせようぜ!
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 22日

今回の見学会で、特に皆様より好評なのが、
タイル貼りキッチン勾配天井
タイル貼りキッチンは自社オリジナルの現場造作型です。
(キッチンを含むこの建物一式の設計は私自身が担当しました。)


下地造りから天板のタイル貼り、扉の1枚1枚まで、全て現場製作です。
尚、作り方の詳細は企業秘密なので明らかにはできません。
手間暇が掛かるので、システムキッチンよりは割高になります。
輸入品で同等のものを揃えようと思ったら、50万円は下らないはずです。
システムキッチンだと在り来たりになるので、北欧風のオリジナリティを
どうしても出したかったのです。
タイルの目地汚れが気になるという方には敢えてお薦めはしませんが、
普段の手入れ次第で綺麗に保つことができるものです。
勾配天井は2階寝室に作りましたが、開放感が出ることと、
おしゃれな空間に絶賛されました。

アーチ状の壁の奥には書斎スペースを確保しており、これがまた大いに
受けました。(ありがとうございました)
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment

2008年 09月 21日

昨日から始まった宮野浦の完成見学会。
昨日今日と予想以上のお客様よりご来場いただき、
大変ありがとうございました。(二日間で約40組)



ご近所の方々はじめ、酒田市、鶴岡市在住の皆様、ありがとうございました。
それに取引関連の皆様、差し入れ大変ありがとうございました。
自分で言うのもなんですが、
外観はもちろんのこと、内部の間取りや収納の多さ、
32坪と思えない充実した広さや内装インテリアまで、大好評でした。
中には一部、「寄り道したくなるカフェのような家」というコンセプトをご理解
いただけず、無愛想に帰られた方もおりましたが、
私もご来場の全員の方に気に入ってもらおうとは全く思っておりませんので、
ご縁がなかったんだと割り切るようにしています。
それから、残念ながら、見学会のマナーをお持ちでない方も中にはいらっしゃいます。
1.小さい子供さんをお連れになるのはいいんですが、騒ぎまくっている
  子供さんを野放し状態になさるのはいかがなものでしょう?
2.飲み物持参で来られるお客様も考えものです。こぼしたりしたら自分で拭いて
  くれるんでしょうか?
3.ドアをバタバタ閉めたりするお客様は、自分の家でもきっと同じように開け閉め
  しているんでしょうね。
お施主様にお借りしている家なのに、最低限のマナーをお持ちでない方には
どうか御遠慮いただきたいというのが本音のところです。
じゃないと、お施主様に大変失礼に思えてしょうがありません。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

Leave a comment