ブログ

small provence

酒田市で工事中のsmall  provenceは、

塗り壁の下地となるラス貼りの真っ只中で、

職人さんが汗だくになりながら奮闘してくれている。

ご苦労様です。

ラス貼りが完了すると、次はモルタル下地の2回塗り。

そして、最後のスタッコ塗りまでと、全部で4つの工程がある。

手間と材料が普通のサイディングと比べれば、2倍~3倍の

コストが掛かる。

天候にも左右され、物凄くストレスが掛かるが、

それでも、本物のプロヴァンスを作りたい一心で、

塗り壁仕上げの外壁にこだわっている。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

Leave a comment

見学会を終えて

引き渡しを待つばかりとなったK様邸は、

最後の点検と少しの補修工事が残るだけとなった。

bobiの郵便ポストとシャラの木がアメリカンスタイルには

良く似合っていて、通り過ぎる人達の目にも素敵に

見えるらしく、立ち止まって行く人さえいる。

タイル貼りで仕上げたカバードポーチは、

建物との色合いも調度よく決まり、

芝生も生き生きとして見える。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

アメリカンの次はゼロキューブ

土日の「アメリカンスタイル・見学会」にお越しのお客様、

ご来場大変ありがとうございました。

また新しい出会いが何組かあり、新しいドラマへと展開

できますように、願って止みません。

今度は、9月の二週連続の「ゼロキューブ見学会」。

今から準備万端整えて行かなければなりません。

コミュニティ新聞に載せた広告もかなり効いてか、

既に8組のお客様にご予約をいただいています。

まだ予約の空きは少しありますので、

見てみたいと言う方は、是非こちらから↓

http://zero-cube.jp/j-creative/event/20160903_box.php

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

配色のバランス・・・大事です!

日本国のK様邸はカバードポーチ手摺りの塗装仕上げに入った。

木製手摺りと上部飾りは大工さんに作ってもらい、

白い塗装仕上げにこだわった。

あくまでもアーリーアメリカンスタイルを貫いた。

グレー色の外壁に、白い窓とカバードポーチの白い柱と手摺り、

そして、青い飾り雨戸が見事に調和していて、

配色のバランスがとても良い。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

美容室「ARMS」さんの内装仕上げ

オープン間近の「ARMS」さんにお邪魔して、

カッコ良く仕上がった内部写真を撮らせてもらった。

ウォールナットを貼り付けたアクセント壁は、

S様自らがオイルを塗って仕上げたそうだ。

これこそ、DIY!

床は一見無垢材にしか見えないが、木目の

質感を忠実に再現した塩ビシートです。

また、天井と壁に用いたネイビー色のアクセントクロスも、

店内の雰囲気をグッと高めていて素敵です。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

Leave a comment

アメリカンスタイルの特徴(その2)

アーリーアメリカンスタイルのK様邸は、来週の見学会に備えて

内装仕上げの追い込み作業中だ。

7月21日のブログに続き、今日はアメリカンスタイルの特徴②

をお届けしたいと思う。

「内装仕上げ編」として最初にお伝えしたいのが、装飾部材

がある。↓

窓周りの化粧枠(ケーシング)と、天井隅に見える廻り縁(クラウン)、

そして、床の立ち上り部に取り付ける巾木の3点がその代表格。

壁のクロスも渋めの色をセレクトしてやれば、まるでアメリカ映画

にでも出てくるような雰囲気が出来上がる。

もう一つ、

室内ドアは「6パネル」デザインが最もポピュラーなドア材で、

白塗装で仕上げれば、白い装飾部材ともバッチリ合う。

ドア用のレバーハンドルもアンティーク色で決めれば、

これ以上の説明は何も要らない。

こんなアメリカンスタイルが見れる見学会は、

こちら⇒http://j-creative.jp/event_jellyhome201608/

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

 

Leave a comment

本物を作りたい!

外壁(塗り壁)下地のリブラス張りに入った酒田M様邸。

久方ぶりの塗り壁だけに、何かワクワクしてくる。

胴縁の上に張って、外気の通り道を作る「通気胴縁工法」だ。

しかも胴縁の下は遮熱シートだから、断熱性能がさらに高まる。

普通のサイディングと比べれば、手間だけでも3~4倍掛かる

から、コストはかなり高く付いてしまう。

(*当社プロヴァンススタイルの標準外壁仕上げです。)

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

美容室とマスターウォール

19日のオープンが目前に迫った美容室「ARMS」は、

内装仕上げで工事が慌ただしく進んでいる。

昨年建てたゼロキューブの家と同じ白い外壁で揃えている。

コンクリート土間に見える四角い穴は植栽スペースだが、

ゼロキューブにデザインを揃えている。

内装のアクセント壁は、施主様お気に入りの「マスターウォール」から

わざわざ取り寄せたウォールナット材を張り付けている。

材料費だけでもかなり高額だが、施主様は何と言ってもこれが

良いのだと言う。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

ゼロキューブのアクセントクロス

クロス工事も終わり、最終段階に入ったゼロキューブ。

リビングのアクセント壁はシックなブラウン・ストライプ↓

寝室はグレーのアクセント壁↓

床はウォルナット色と、

全体的には落ち着いた雰囲気でまとまっている。

太陽光を浴びた正面外壁をついでにもう一枚。↓

完成見学会のスケジュールも確定したので、

是非ご覧いただきたい。

http://zero-cube.jp/j-creative/event/20160903_box.php

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment

「一生もの」の物置

猛暑が続く中、見学会を控えたK様邸は着々と工事が進んでいる。

外物置の「売れっ子君」も外壁まで張り終え、ドアと窓が入るのを

待っている。

2坪サイズの物置は広くて、高さもあって、収納力抜群だ。

基礎をガッチリ作り、外壁材と屋根材は家と同じ物を使用しているので、

デザインが良くて、耐久性も物凄く高い。

「一生もの」の物置だと断言できる。

詳細はこちら↓

http://j-creative.jp/wp-content/uploads/2012/10/db76d18f8ce1192c690329ab22c62c33.pdf

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

Leave a comment