Author Archives: jcreative

2008年 08月 19日

通気胴縁を取り付けて、外装下地工事が完成。 早い話が、女性の化粧下地が完成したようなものである。 下地がしっかりしていないと、表面にボロが出る。 表面にボロが出れば、直しようがない。 これから先は、メタルリブを貼り付けて … Continue reading

Posted in 未分類 | Leave a comment

2008年 08月 18日

電気コンセントを外壁側に取り付ける場合には、 気密性を確保するために専用のコンセント気密ボックスを 使用する。 ちょうど豆腐のケースみたいな形をしていて、 この中にコンセントボックスを入れてスタッドに固定する。 この気密 … Continue reading

Posted in 未分類 | Leave a comment

2008年 07月 30日

2階の壁が組み上がり、天井根太を敷き終えると、 小屋組みへと進んで行く。 たる木は2×6材を使用して、455mmピッチで並べる。 積雪荷重を考慮しての設計になっている。 たる木の後は、12mm合板を貼って、その上から屋根 … Continue reading

Posted in 建築の様子 | Leave a comment

2008年 07月 29日

先日のイチローのコメントが脳裏に焼き付いている。 日米通算3000本安打に7本と迫っている時のコメント。 「見ている人にとっては数字は減っていくものだろうが、 自分にとっては数字は増えていくものなんです。」 イチローにと … Continue reading

Posted in プライベート | Leave a comment

2008年 07月 23日

2階床が出来上がると、壁を外側から組んで行く。 写真は、床上で組んだ壁を垂直に起こして床に固定しているところ。 壁の途中途中に入っているのが2×4材。 断面が(2インチ×4インチ)サイズの角材です。 開口部には後々サッシ … Continue reading

Posted in 建築の様子 | Leave a comment

2008年 07月 22日

2階の床根太の深さは10フィート(235ミリ)あり、 SPF材の2×10が主たる材料になるが、 2枚抱き合わせたり、荷重の掛かる所には分厚い集成材を配置したりと、 結構複雑な組み合わせになるようだ。 根太を受ける金物はも … Continue reading

Posted in ツーバイフォー工法 | Leave a comment

2008年 07月 19日

土台を敷き、28ミリの床合板を貼り終えると、 いよいよ1階の壁組みへと進んで行く。 壁には455ミリピッチで2×4材を入れて組み、9ミリ合板を外側に貼り付けて、 1枚の壁が出来上がって行く。 ツーバイフォー工法は面で強度 … Continue reading

Posted in 建築の様子 | Leave a comment

2008年 07月 17日

基礎天端と土台の間に挟むのが基礎パッキン。 写真を見ての通り、当社ではロング型を使用しているので、 鼠の外部からの侵入を完全に阻止できる。 材質は炭酸カルシウムの複合材で、厚さが20ミリで幅が100ミリ。 この基礎パッキ … Continue reading

Posted in 建築の様子 | Leave a comment

2008年 07月 15日

輸入住宅と言うと、粗悪な材料を使っているんじゃないかと疑って いらっしゃる方がたまにおります。 そういう方々のために敢えて写真入りの説明をさせていただくと、 主要構造部材はアメリカよりの輸入品であることは間違いないですが … Continue reading

Posted in 未分類 | Leave a comment

2008年 07月 11日

型枠を外して補修を加えれば。、写真のようなべた基礎が完成します。 これを見ていただくと、地中からの湿気が上がって来ないために、 床下が常に乾燥していることがお解りいただけると思います。 当社では、このべた基礎が標準仕様で … Continue reading

Posted in 未分類 | Leave a comment