外観も内装も、「パリの家」

外観も内装も、「パリの家」

大きな吹抜けを囲むように取り付けられたL.J.Smithの階段手摺りは、

フレンチスタイルに相応しいデザインに仕上がった。

壁クロスを貼っていないこと、ヘリンボーンの床材が隠れていること、

木製手摺りを塗装していないこと等からすれば、

まだまだ完成イメージが想像できないでしょうが、

一言で言えば、

「パリの家」、と言う雰囲気が漂う家なんです。

出来上がりをお楽しみに!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>