2×4工法は、断熱性が高く耐震性もピカイチ!

2×4工法は、断熱性が高く耐震性もピカイチ!

モデルハウスの工事現場からのレポートです。

2×4工法(ネダレス工法)の場合、

土台の4×4材の厚さ90ミリに対して床断熱材の厚さも80ミリ

とかなり厚くなっており、床下からの冷気をシャットアウトしてくれる。

当社が採用しているのが撥水性の高いグラスウールで、

もちろん、断熱性能が高くて経年劣化も格段に少ない。

断熱材を充填すると、28ミリの分厚い床合板を張って、

2×4工法の強みとなる面構造体を作り上げて行く。

面構造体だから耐震性がすこぶる高い。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>