太陽光「19年問題」に思う。

太陽光「19年問題」に思う。

思えば、もう10年になるのか。

1KWあたり48円の買取価格で始まった「FIT」が

まもなく期限切れとなる。

言わずと知れた、

太陽光発電の買取制度のことだが、

2019年以降の買取メリットはほとんど無くなると

言っていい。

個人的には、いずれはこうなるのが分かっていたこともあり、

積極的に太陽光発電をお客様に勧めはしなかったが、

今後の成り行き次第では必要不可欠なアイテムとして、

見方を変える必要性も出てくるかも知れない。

今後、「ZEH」住宅の推進がますます加速すれば、

地産地消を踏まえた「蓄電」と言う新しい分野での

活用は大いに考えられると思う。

情勢が変わっても別の切り口で考えてみる、

そんな柔軟性が大事なのかなと、

「アンチ」太陽光発電の私にしては珍しく、

神妙な面持ちで思いにふけてしまった。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

にほんブログ村 応援クリックお願いします(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>