2009年 03月 27日

2009年 03月 27日

今日は朝からべた基礎スラブのコンクリート打設。


外側のフーチング部分から埋めて行く。
ただ入れるだけでは駄目で、バイブレーターを使って生コンクリートを
隅々まで行き渡らせることがとても重要な作業である。

左官屋さんの話によると、バイブレーターの掛け具合が難しいらしく、
あまり掛け過ぎても空気穴(ジャンカ)が出来やすくなり、そのため強度が弱くなる。
長年の経験と勘がここでも物を言うらしい。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>