2009年 03月 25日

2009年 03月 25日

砕石の転圧が終わると、シロアリ用の土壌消毒をし、防湿シートで砕石を覆う。
防湿シートは、もちろん湿気が上がらないようにするためである。
防湿シートが終わると、鉄筋を配置する作業がある。
今日はその配筋作業であるが、ブルースのべた基礎は地中梁の窪みがあるから、
作業がとても大変である。


しかも使用している鉄筋は、場所によっては13ミリがほとんどで、
ピッチも100ミリと普通よりは狭い。それだけ頑丈な基礎ということになる。
お客様にとっては本当に安心であると思う。

前にも書いたが、これだけ頑丈な基礎は他には無いと言っても言い過ぎにはならない。
当社では木造2階建てでも、物件ごとに構造計算を行っている。
普通なら木造の場合、3階建て以上でないと構造計算はやらないが、
構造設計屋さんの奨めで、多雪地域ということもあり、物件ごとに行っている。
「完成したら見えなくなってしまう部分こそ大事」である。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>