2008年 04月 09日

2008年 04月 09日

「ブルーム」という雑誌をご存知だと思う。
庄内満喫マガジンという位だから、庄内の「食・住・宿」などの情報が
満載されていて、かなり見応えがある。
今回その4月号に、発行元のプランニングゆうむさんにお願いして、
当社輸入住宅を取り上げて貰った。
以下の写真がその内容であるが、さすが広告のプロだけあって、
商品のコンセプトを明確に映し出してくれている。

そのコンセプトとは、
「寄り道したくなるカフェのような家」 である。
コンセプトを明確にしたら、お客様の反応が全然違ってきている。
お客様は「カフェのような家」をイメージして来てくれるから、
販売側と買手側の間に、距離の隔たりが感じられなくなる。
そのため、商談がスムースに運ぶ感じがする。
何といっても大事なことは、
コンセプトの価値感を共有できるかどうかに尽きる。
価値観を共有できないお客様と、ダンスを踊ってもしょうがないのである。
皆様の応援クリックで順位UP ( にほんブログ村 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>